未分類

マッチングアプリで初めて出会った女性との食事は割り勘にしておくべき理由

マッチングアプリの多くには「デートの費用はどちらが負担するか?」の項目があります。

私は年収500万以上ありますので、別にすべて男性持ちでも構わないとは思っているのですが、様々な経験を経て「割り勘」と設定するようにしてます。

(恋活・婚活市場では年収500万以上はステータスだけで判断されやすくなるので、お金目的の女性が寄ってくることは考慮しておきたいです)

また、マッチングアプリ経由で出会って食事に行ったとしても、話してて有意義な時間を過ごせたと感じなければ、問答無用で「割り勘」とすることが多いです。

今回はこの結論に至るまでの経緯と、割り勘にすることのメリットをお伝えしていきます。

奢られるのが当たり前だと思っている女は地雷が多い

まず、私がマッチングアプリを利用する中で出した結論として「奢られるのが当たり前だと思っている女性が地雷ばかり」という話をしていきます。

恋愛・結婚をビジネス(マーケット)として捉えますと「男性側に奢らせる」という意味では、キャバクラなどの水商売やアイドル業などの営業努力をされている女性に対しては、しっかり対価を払う人が多いはずです。

私自身、キャバクラにしても風俗にしても、たゆまぬ営業努力を行っていたり、体調管理を行っている女性に対しては敬意を感じます。

少なからず、彼女らは指名を取ったり業界内で生き残るために、男性に好かれる努力を怠らない…という意味では、マッチングアプリでなんとなく恋活・婚活している女性の何百倍も努力していると言えます。

読者の中には「水商売でやっている女性と一般の女性を比べるな!」とツッコミたい方や、女性であれば「そういう目で女性を見るなんて甲斐性がない」と怒り心頭な方もいらっしゃることでしょう。

ただ、冷静に考えて欲しいのが、マッチングアプリには何十万人もの登録者がいて、嫌でも他の同性と比べられる以上は「市場マーケット」として機能してしまうのです。

多くの人がキャバクラや風俗で指名を選ぶように、マッチングアプリでも異性を選ぶという行為が無意識で行われます。

そうなると残念な話ですが「性格や人格よりも、見た目やステータスで相手を選ぶ」ことになりがちなのです。

これはどんなに見た目にこだわらない人であっても、マッチングアプリでの最初のきっかけが見た目やステータスでしか成立し得ない以上、無意識にそうならざるを得ないのです。

そうなると、人間というのは欲張りな生き物ですから、見た目の良さは当然ながら、学歴は大卒以上、年収は高いほどいい、デートはすべて奢りの方がいい…と考えがちです。

そして、女性の中には「男に食事を奢ってもらうためだけにマッチングアプリを使っている」という方も存在します。

いわゆる「パパ活」と呼ばれる、男性の話を聞くだけでお金がもらえると思っている層です。

残念ながら、この層はキャバクラのようにトークスキルがあるわけでもなく、人を楽しませたり、男性に気持ちよく話してもらうスキルがあるわけでもありません。

(中にはそのようなスキルに長けており、)パパ活で稼ぐ女性もいますが、

男性は女性に対しても対等に接した方が返って好印象

むしろ、変に「奢ってあげるよ」とアピールすると、警戒してきたり、上から目線だと感じる女性もいるのです。

なので、私は初対面で相手のことがわかるまでは、割り勘を貫くことにしています。

相手が貧困女子で生活が切羽詰まっていようが、高収入のキャリアウーマンだろうが、正式に付き合う前は対等な関係ですので、奢ることの方が返って失礼に値するというわけです。

「女性は社会的地位が低いから男性に保護されて当たり前だ!」という考えが根底にある女性は、行動の節々にそういった態度が現れるものです。

また、最初から「初回のデートは割り勘にしましょう」と言った上で出会っておけば、その女性と楽しく過ごせた際にこちらが奢ることで、サプライズにもなりますし、女性側に対しても好印象を残せます。

少なからず、私は実際に出会ってまた会いたいと感じた女性とは、より長く付き合える関係を築きたいと考えています。

割り勘と前もって予防線を張っておけば、実際に会って奢ることで印象アップ

また、そこで口説き文句として「普段は奢らないんですが、○○さんと過ごせて楽しかったから…」とでも加えておけば、相手に対してより好印象を与えることも出来ます。

そのため、経済力を見せびらかすように誰に対しても奢るのではなく、本当に付き合いたいと思った人にのみ、奢るのが紳士の嗜みなのです。

奢られるのが当たり前だと考えている「パパ活女子」には気をつけろ!

ちなみに、過去に私はパパ活と呼ばれるような「若い女の子になら誰でも奢る」ということも行っていましたが、付き合う前から奢られるのが当たり前だと思っている女性には、まともな経済観の人は少なかったです。

また、そのような女性は他の男性からも奢ってもらうのが当たり前になっていたりするので、本気になったら非常にコストもかかりますし、付き合った後も男性に奢ってもらうのが当たり前だと思っているので、出費もかさみます。

それならそれで、割り切りでの身体の関係であったり、キャバクラや風俗を利用した方が安心して楽しめます。

ですので、最初からお金目的の女性を弾く意味でも、初デートは割り勘と決めておくとよいでしょう。

初デートの費用について変えてもマッチング率に影響はない

マッチングアプリには「初デートの費用はどうする?」という項目がありますが、割り勘にしてもすべて男が負担するにしても、マッチング率はさほど変わらないです。

(ただし「女性側に払ってもらう」だけは、ヒモ願望があるのでなければ御法度です)

個人的にですが、まともな女性ほど男性が一方的に奢ってくることに抵抗を感じる傾向があると感じたので、必ず出会う前までは「割り勘」ないし、事前に伝えないことにしています。

単純に女性との交際関わらず「この人と話しても楽しくなかった」「この人とは今ももう関わらなくていいや…」と思った時点で無駄な出費は抑えたいですし、相手側としても恩着せがましいのは嫌でしょうから、どれだけ経済的に余裕があったとしても無理に奢る必要はないのです。

どうしても奢りたい欲があるのであれば、それは理想の女性を見つけて、付き合ってから楽しむまでに取っておくことも大事でしょう。

そういったことも踏まえながら、考えなしでどんな女性に対しても奢るのではなく、本当に一緒にいたい女性に対してのみ奢るテクニックを身につけて、マッチングアプリを効果的に活用してみることを意識してみるといいでしょう。

-未分類

© 2021 30代男性のマッチングアプリ攻略 Powered by AFFINGER5